「あざみ野ローズクラブ」は、有機肥料にこだわり、できるだけ農薬を減らし、環境にも配慮したバラ栽培をめざしています。

バラは手のかかる植物といわれています。農薬や化学肥料を多用して美しいバラをさかせることができたとしても、人体のみならず土壌や環境には末永く影響が残ることが考えられます。

「あざみ野ローズクラブ」では、バラの有機減農薬栽培で経験豊富な「谷口マサ子」先生の指導のもと、未来のため、子どもたちのため、愛するバラのために極力農薬を減らした有機肥料によるバラの栽培に取り組んでいます。

2019年谷口バラ園の一般公開

詳しくは「お知らせ」のページをご覧ください。

教室は毎月1回「火曜日コース」と「日曜日コース」ご都合にあわせてご参加いただけます

谷口マサ子先生が手掛ける「谷口バラ園」が、「あざみ野ローズクラブ」のおもな活動場所です。2000年開園してから260品種、約330株のバラを有機減農薬での露地栽培に取り組んでいます。

 

「あざみ野ローズクラブ」の教室では、土作りや苗の植え込み、剪定作業など、基本のバラつくりの基本を座学と「谷口バラ園」での実習にて勉強していきます。

(写真:谷口バラ園での植え替えの実習のようす) 

 

春秋の定期募集以外にも、随時ご入会を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは「お知らせ」のページをご覧ください。

 

「バラ栽培教室」の活動拠点は 「谷口バラ園」・「美しが丘西地区センター」

活動場所は講習内容や天候に合わせて、「谷口バラ園」または、「美しが丘西地区センター」で開催されます。

バラ栽培の基本知識や、毎月の作業の要点、など、オリジナルのテキストにそって座学と実習を交えて勉強していきます。皆さんからのご相談、お困りごと、ご質問などを持ちより、さまざまな事例からさらに深い内容へと勉強していく内容です。

 

 

各地バラの名園を訪ねて、春秋のシーズンには「バス旅行」を企画

参加の皆さんの親睦を深め、またバラ栽培のお勉強を兼ねて、春と秋に各地バラ園や栽培農家などを訪ねて、小旅行を企画しています。これまで、「京成バラ園」、「谷津バラ園」、「草笛の丘」、「花フェスタ記念公園(岐阜)」、「双葉バラ園(茨城)」などを訪れ、見聞を広めました。

   (写真左:2013年に訪れた京成バラ園にて)

今後の「バス旅行」の予定につきましては、問い合わせフォームまたは、左記連絡先までお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ

あざみ野ローズクラブ

TEL:045-904-2488

関連サイト